【2022】ブラナビ最新CM女優は誰?花嫁すがたの新関碧を調査!

【2022】ブラナビ最新CM女優は誰?花嫁すがたの新関碧を調査!

【2022】ブラナビ最新CMに出演している、身長が高くてウエディングドレスが似合う女優さんが誰なのか?気になりますよね。スタイルも抜群でかわいいので、私も気になります。実際に調べてみると、女優で活動している新関碧さんだと分かりました。

今回はブラナビ最新CMに出演している

  • 新関碧さんのプロフィール
  • 新関碧さんの経歴
  • 新関碧さんお出演作品

について調べて見ましたので、サクッとチェックしていきましょう!

目次

【2022】ブラナビ最新CMは2種類!「極上篇」「こだわり篇」をチェック!

【2022年】ブラナビの最新CMは「知ってた?」極上篇・「知ってた?」こだわり篇の2種類です。ちなみに、ブラナビとは、福岡・九州を中心にした結婚式場探しの相談カウンター。大手式場探し相談カウンターと比べて、福岡や九州の結婚式場について詳しい担当者が多く在籍しているのが特徴

【2022年】ブラナビ最新CMに出演している女優は新関碧さん。身長も高くスタイルも抜群なので、ウエディングドレス姿がとても綺麗です。結婚式は式場選びから始まるので、専門の担当者がついてくれると安心ですね。CMのような素敵な式場で結婚式を挙げると、出席された人も式場の印象が残ると思います。撮影している場所は実際の式場。とても綺麗ですね。

【2022】ブラナビCM女優は新関碧!経歴やプロフィーを確認!

 

ブラナビ最新CM「極上篇」「こだわり篇」に、ウエディングドレスを着た花嫁役で出演している新関碧さん。身長が高くスタイルも抜群ですね。昨年は若手の注目女優としても注目を浴びています。新関碧さんのプロフィールや経歴をまとめてみましたので、さっそくチェックして行きましょう!

名前新関碧
(にいぜきあおい)
生年月日2001年6月5日
年齢20歳
(2022年5月現在)
出身地東京都
身長160cm
サイズB75/W59/H81/S23
職業女優
所属事務所スペースクラフト

新関碧さんはCMで見た通り身長が高いですね。女性で160cmあるので、高い方ではないかと思います。ヒールも履いているので、その分高く見えますね。経歴も調べてみたのですが、詳しい情報はありませんでした。なので、分かっていることをまとめて行きます。

  • 趣味・特技:ピアノ・馬と遊ぶこと
  • 兄弟:ひとりっこ
  • デビューのキッカケ:内気な自分を変えたかったため
  • 自分の性格:負けず嫌い・友達からは抜けているところが多いと言われる
  • 口ぐせ:え!たしかに!
  • お気に入りの場所:小さい頃に行っていた近所のショッピングモール
  • 好きな小説・漫画:小説「i」西加奈子・暗殺教室・のだめカンタービレ
  • 得意な教科/苦手な教科:英語/日本史
  • 仲良くなれそうなタイプ:どんなことでも笑えあえる人
  • 好きな異性のタイプ:面白いひと
  • 大人になったらやりたい事:車を運転して友達と温泉旅行
  • 夢:いろんな表情を持っている表現力豊かな人になること

【2022】ブラナビCM女優は新関碧!過去の出演作品をまとめ!

 

新関碧さんが所属している事務所はスペースクラフト。スペースクラフトには女優の栗山千明さんやタレントの西田麻衣さん、俳優の渡部豪太さんなどたくさんの方が所属しています。芸能界でも有名な事務所ですね。大手事務所に所属しているので、出演依頼も多いのではないかと思います。これまでに出演してきた作品を見てみましょう。

CM
  • 学校法人日本教育財団 国際ファッション専門職大学
  • サーティーワンアイスクリーム 

テレビ

  • TVO「面白南極料理人」第12話(2019年)
  • AbemaNews“女子ブラ”企画

MV

  • backnumber「サマーワンダーランド」
  • ソナーポケット「好き」

舞台

  • ドラマデザイン社「清らかな水のように~私たちの1945~」2年連続(2018年は主演を担当)

出演作品を見ると、主に広告や雑誌で活躍していることが分かります。最近は国際ファッション専門職大学のCMにも出演していました。「ファッションを着たいんじゃない。ファッションの未来を作りたいんだ」というキャッチコピィーが有名でしたね。

今回出演したブラナビのCMは九州地方で放送されているCMです。全国ネットで流れるCMではないですが、公式サイトやユーチューブで見れます。今後は全国ネットで新関碧さんの活躍を見たいですね。応援しています。

関連記事

人気のある記事はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・福島県出身 
・1970年代生まれ

目次