スーツとタキシードの違いってなに?特徴やどんな場面で使うのか調べてみた!

スーツとタキシードが違うのはなんとなくなく分かるのですが、どんな場面で使うのか気になったりしますよね?

スーツは仕事やお祝い事、タキシードは結婚式の場面で着るものぐらいだと思っていました。

実際に調べてみると、時代の変化と共にいろいろと変わってきています。

今回はスーツとタキシードの違いや特徴どんな場面で使うのかまとめてみましたので、ゆっくりとご覧になってくださいね!

目次

スーツとタキシードの違い

スーツ

スーツとは

スーツとは、上下がセットで販売されているもの(同じ布から上下作られているもの)です。男性用と女性用があり、社会人になったときに着用することが多い正装のひとつ

男性の場合

  • 上着
  • ベスト
  • ベスト

女性の場合

  • 上着
  • スカートorズボン

タキシードとは

タキシードとは、男性が使う礼服のひとつです。主に夜間の宴席で着用されていることが多い

男性が使う礼服のひとつなのですが、実は女性用のタキシードも販売されています。

スーツの特徴

  • スーツに使われる生地は「ウーステッド」と呼ばれている。
  • スーツ以外に使用されることがほとんどない。
  • ビジネススーツは素材がく表面がツヤツヤしている。
  • 上下セットで販売されている。
  • 冠婚葬祭や公式行事ではスーツを着るのが一般的。
  • 多くの男性が使っている正装。

タキシードの特徴

  • 本来は夕方以降(18時以降)に着ていく正装。
  • タキシード衿(えり)が特徴。
  • 衿にはシルクなどを使う。
  • 先が尖ったピークドラペル。
  • 全体的に丸いショールカラー。
  • ジャケットとパンツは黒。
  • シャツは白。
  • 蝶ネクタイも黒が基本。
  • スーツやジャケットのような切込み(背中やサイド)がない。
  • 基本オーダーメイドで作る。

どんな場面で使うのか

タキシード

スーツを着る場面

スーツを着る場面で最初に思いつくのは、サラリーマンをしている人ではないでしょうか。

仕事で使う人(特に営業職に就いている人)が多いイメージですが、実際に調べてみると、「法事やお葬式」が一番多いようです。

法事やお葬式で着る礼服は「フォーマルスーツ」と呼ばれています。

ほかには、結婚式や仕事、入学式や卒業式などの行事ごと(七五三なども含む)、就職活動や食事会、お呼ばれや発表会など様々な場面でスーツを着用していることが分かります。

普段着として着ている人も少数派いました。

男性や女性、年代や職業によってもスーツを着る場面が変わってきます。

タキシードを着る場面

タキシードは、18時以降に着用する夜会服の礼装だと言われています。最近では時間を問わずに着る場面が増えてきました

タキシードを着る場面で一番多いのは結婚式です。結婚式の主役である新郎がタキシードを着ている場面をよく見ますよね。

主役の新郎以外にも、結婚式にお呼ばれしたときに着ていく事もできます。他人とかぶることがないので、印象に残るかも知れません。( 新郎より目立たないタキシードを着て いきましょう)

海外では結婚式にタキシードで参列するのは普通ですが、日本でも最近はタキシードで参列する人も増えてきているようです。時代の流れなのかもしれませんね!

ほかには、格式のあるパーティーやカジュアルなパーティー(結婚式の2次会など)でタキシードを着る場面が増えました。

パーティーの招待状にブラックタイとドレスコードと書いてあったら、タキシードしか着れませんので注意しましょう!

まとめ

スーツとタキシードの違いってなに?特徴やどんな場面で使うのか調べてみた!についてお伝えしました。

スーツは上下そろって販売されていて、冠婚葬祭や公式行事などで着るのが一般的です。社会人になる前や就職活動をする際に作る人が多いです。

タキシードは18時以降に着用するのが多かったのですが、最近は時間に関係なく結婚式やパーティーなどで着る場面が増えてきました。

スーツは身近に感じていましたが、タキシードはちょっと扱いずらいかな?と勝手に思っていましたが、そんなことは全然なかったです。

いつか機会があればタキシードを着てみたいと思いました。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

管理人 たくみ
福島県出身の1970年代生まれ。アラフォー世代!
趣味でブログをはじめてみました。
みなさんよろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる