大田区呑川で魚が大量死した理由はなに?薬物や自然災害が起きる前兆なのか調査!

大田区呑川で魚が大量死した理由はなに?薬物や自然災害が起きる前兆なのか調査!

2022年3月8日、東京都大田区の住宅街を流れる呑川で、魚が大量死しているのが住民によって発見されました。川で魚が数匹死んでいるところを見たことがある人は多いと思います。魚(ボラ)が大量に死んでいるので、原因や理由が気になりますよね。

今回は東京大田区の住宅街を流れる呑川で

  • 魚が大量に死んでしまった理由
  • 以前にも同じ現象があったのか?
  • 東京大田区の呑川以外で起こっていないのか?

について調査してみました。毒物なのか?自然災害の前兆なのか?ほかの地域でも同じ現象が起こっているのか?さっそく見ていきましょう!

目次

東京大田区の住宅街を流れる呑川で魚が大量死!謎が多いニュースの詳細をチェック!

2022年3月8日、東京都大田区の呑川で大量の魚(1000匹以上)が死んでいるのを発見されました。数匹程度の魚が川で死んでいるのは何度か見たことがあるのですが、1000匹以上の魚の大量死はさすがに見たことがないです。イメージしてみるとぞっとしますよね。

東京・大田区の住宅街を流れる呑川で、異変が起きていた。

ボラなどの魚が大量に死んでいた。

その数は1,000匹以上で、目立った傷はない。

引用元:ヤフーニュース

死んでしまった魚はボラですね。ボラはカラスミで有名だと思います。死んでしまった魚が気の毒でなりません。魚の大量死が発生した「東京都大田区の住宅街を流れる呑川」がちょっとわからないので、詳しい場所を地図で見てみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

管理人 たくみ
・福島県出身 
・1970年代生まれ

目次
閉じる