【堺本線料金所】車横転事故の原因は何?車内から投げ出された理由も調査!

【堺本線料金所】車横転事故の原因は何?車内から投げ出された理由も調査!

2022年8月7日、大阪府堺市中区深井畑山町の阪和道上り線の堺本線料金所で、車が分離帯に衝突し横転したはずみで車内から人が投げ出された事故が発生しました。残念ながら2人が死亡しています。ご冥福をお祈りいたします。

 

今回は堺本線料金所で起きた

 

  • 車横転事故の原因は何?
  • 車内から投げ出された理由は?

 

について調べて見ました。3分程度で読める記事なので是非ご覧ください!

 

目次

堺本線料金所で車横転事故発生!事故の概要を確認!

 

2022年8月7日午後10時ごろ、大阪府堺市中区深井畑山町の阪和道上り線の堺本線料金所で、車が横転する事故が発生しました。この事故で社内に投げ出された6歳児と母親が死亡。なんとも痛ましい事故です。

 

7日午後10時3分、大阪府堺市中区深井畑山町の阪和道上り線の堺本線料金所で、「車の事故で意識がない人がいる」と警察に通報がありました。

引用元:ヤフーニュース

 

ニュースを読んで見ると、高速の料金所のレーンを区切っている分離帯に衝突し横転したことが分かっています。結構分厚い壁みたいなところに衝突した感じですね。

 

車を運転すると分かるのですが、一度バランスを崩すと態勢を直すのが非常に難しいです。分離帯に衝突しているので、少なくとも前に進もうとする力と衝突して跳ね返ってきたチカラが存在するのではないでしょうか?

 

車には5人乗っていたようですが、残念ながら2人無くなっています。他の3人もケガをしている状態です。警察の調べでは「家族で和歌山・白浜周辺に遊びに行った帰りだったとみている」とのこと。防犯カメラで事故原因を調べている最中です。 

 

【堺本線料金所】車横転事故の原因は何?分離帯に衝突した理由を調査!

 

家族で和歌山・白浜周辺に遊びに行った帰りに起きた事故とみている警察。日曜日に起きた事故なので休日に家族旅行していた可能性はありますよね。

 

事故が起きた時間帯が午後10時ごろなので、眠い時間帯ではないでしょうか。家族旅行で遊びに行った帰りなので日中の疲れは溜まっていたかも知れません。

 

現在警察が詳しい状況を調べている最中なので原因は分かっていません。なので、事故が起きた原因を考察してみたいと思います。(考察なので予めご了承ください。)

 

運転事故の原因で多いもの

  • 安全不確認
  • 脇見運転
  • 動静不注視
  • 漫然運転
  • 運転操作不適

参照元:交通弁護士ナビ

 

運転事故の原因で多いものを調べてみると、ダントツで安全不確認であることが分かりました。昼間に比べて夜は暗いので視界が見えにくくなりやすいですね。疲れいると注意が散漫になってしまいます。

 

 

安全不確認と脇見運転は似ている感じもしますが、明確には違いますね。脇見運転の怖いところは一瞬で事故が起きてしまう可能性があるからです。

 

運転手が思っている感覚より車の方が実際に早く動いていますから。運転している人なら1度や2度は経験があるのではないでしょうか?本当に一瞬で事故が起きますからね!追突事故など脇見運転の最たるものではないかと。

 

あとは突然の病気などではないでしょうか。運転中に意識をなくして車が暴走する事故などありますよね。

 

 

事故の原因はいろんな条件が重なって起きるのではないかと。何かしらの原因があって安全不確認や脇見運転、病気や運転操作の間違いに繋がり事故が起きてしまうのではないでしょうか。

  

【堺本線料金所】車横転事故で車内から投げ出された理由は?チャイルドシートやシートベルトとの関係は?

 

今回の車横転事故では、車内から投げ出され男児が死亡しています。もし車内から投げ出されなかったら、死亡していなかったかもしれませんよね。

 

車内から投げ出される可能性として、シートベルトをしていなかった可能性が考えられるのではないでしょうか。車の衝突実験のテレビCMを見たことがあるのですが、シートベルトをしていると車内から投げ出される可能性は非常に低かったです。(人形を使った実験でしたが)。

 

 

亡くなった男児は6歳なのでシートベルトはしずらいかも知れません。チャイルドシートの義務は6歳未満の子供を車に乗せる場合。なので、6歳になったお子さんには義務ではなくなります。

 

しかし、6歳を過ぎていても身長が135cmに達していないお子さんは、大人用シートベルトを使うのは適さないことが分かっています。何とも難しいところですよね。

 

  

今回の事故ではチャイルドシートorシートベルトをしていなかった可能性も考えられるのではないでしょうか。チャイルドシートではなくジュニアシートなるものがあるので、大人用シートベルトを使えるまでは補助具として活用してもいいのではないかと。

 

お子さんがジュニアシートを使うのは嫌だ!といったら難しいですが、2008年6月に法律が改正されクルマに乗車する場合、運転席や助手席はもちろんのこと、後部座席を含む全席でシートベルトの着用が義務化されています。

 

事故を防ぐ目的なので、クルマを運転する場合は後部座席に座る人を含めて、全員がきちんとベルトをした状態でクルマを発進させることが大切ではないでしょうか。

 

関連記事

こちらの記事も読まれています!

【高槻署】建造物侵入をした巡査の名前は?直轄警察隊での評判など調査!

【加藤正俊】wiki風プロフィール!学歴(出身大学)や経歴を調査!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・福島県出身 
・1970年代生まれ

目次