田口翔の弁護士は誰?名前や顔画像&所属事務所を調査!

田口翔の弁護士は誰?名前や顔画像&所属事務所を調査!

2022年5月16日、山口県阿武町コロナ関連の給付金4,630万円誤送付問題で、24歳の男性(田口翔)に就いた弁護士が顔出しNGで会見に臨みました。給付金の返還は難しいとのことです。

今回は顔出しNGで会見した

  • 弁護士の名前
  • 弁護士の顔画像
  • 弁護士の事務所

について調べて見ました。3分で読める記事なので是非ご覧ください!

目次

田口翔の弁護士が会見!顔出しNGの会見をチェック!

2022年5月16日、山口県阿武町で起きているコロナ関連の給付金4,630万円誤送付問題で、24歳の男性(田口翔)を担当している弁護人が会見を開きました。会見では「給付金の返還は難しい」と語っています。なぜ返還は難しいのか気になりますが…。

山口県阿武町が町民の24歳の男性にコロナ関連の給付金4630万円を誤って振り込み、男性が返還を拒んでいる問題で、16日、男性の弁護人が会見を開き「給付金の返還は難しい」と説明しました。

引用元:ヤフーニュース

山口県阿武町で起きた4,630万円誤送付問題は、日を追うごとに話題になって来ました。最初にニュースを見た時は、阿武町に返還されるだろうと思っていたのですが、なかなか返還されなかったですね。その後、24歳の男性(田口翔)が変換は難しい、罪は償うと言うニュースが出てから一気に話題になったのではないかと。

4,630万円は自分に入ってくるお金ではないので、普通なら阿武町に返還すると思います。いろんな人が24歳の男性(田口翔)に接触して返還をするよう対話をしたようですが、今のところ返還はしていません。いつの間にか弁護士が付いていたので、いろいろと自分で調べた可能性もあるのではないかと思います。

弁護士は「男性本人は給付金を所持していないので、返還は難しい」「何か財産的価値のあるものが本人の手元に残っている状態ではないと聞いている」と会見で答えています。24歳の男性(田口翔)に付いた弁護士は顔だしNGで会見に臨んでいました。顔出しNG弁護士は誰なのか見ていきましょう。

田口翔の弁護士は誰?名前や顔画像&所属事務所を調査!

今、日本全国で話題になっている「山口県阿武町で起きた4,630万円誤送付問題」で、返還をしない24歳の男性(田口翔)に付く弁護士は一体どんな気持ちなのか気になりますよね。報酬のためなのか?所属している事務所からの命令(仕事)なのか?弁護士もいろいろと大変だと思います。今回の会見ではさすがに顔出しNGでした。顔出しNG弁護士は誰なのか調べていきます。

まず、日本にはどのくらいの弁護士がいるのか調べてみました。弁護士白書によると、2020年3月31日時点で日本弁護士連合会に登録している弁護士は42,164人。最近は年3,000人が司法試験に合格しているようなので、約5万人程度になるのではないでしょうか。

弁護士の人数が多いのは、東京や大阪、愛知県や神奈川県、福岡県や北海道。大都市に集中していることが分かります。山口県に所属している弁護士は2022年4月現在で弁護士178名(うち女性22名)いることが分かります。(山口県弁護士会参照

山口県弁護士会は6ブロックの地域に分けて弁護士を配置しています。

  • 山口地区
  • 下関地区
  • 周南地区
  • 宇部地区
  • 岩国地区
  • 萩・長門地区

24歳の男性(田口翔)は山口県阿武町に住んでいたので、山口県の弁護士に相談した可能性が高いと思います。東京など大都会にいる弁護士に頼むと、交通費や宿泊費などいろいろと経費が時間が掛かるので、なるべく近い弁護士に相談したのではないでしょうか。

会見に出席した報道陣は、24歳の男性(田口翔)に就いている弁護士の顔や名前、所属先が分かっていると思います。さすがに自身の身分を明かさずに会見をする弁護士はいないでしょうから。顔出しNGにしていることから分かるのは、阿武町の住民や日本国民に後ろめたい気持ちが少しでもあるのかも知れませんね。

24歳の男性(田口翔)に就いている弁護士にも、いろんな葛藤があると予想できます。今後は刑事事件に発展するのか分かりませんが、裁判になった場合、弁護士の名前や顔画像が分かるのではないかと思います。

田口翔はどうやって弁護士に依頼したのか?相談や依頼方法を調べてみた!

山口県阿武町から間違って4,630万円を振り込まれた24歳の男性(田口翔)。いったんは返還に応じていましたが、いろいろと考えたり調べてりして返還を拒否しています。今の時代ネットが普及しているので、ほとんどのことは調べることが出来ますね。24歳の男性(田口翔)はどうやって弁護士に依頼したのか調べてみました。

弁護士相談から依頼まで!

  1. 法律相談(相談で解決する場合もある)
  2. 依頼
  3. 弁護士による委任内容の遂行
  4. 解決

現在はネットから簡単に法律相談をすることが出来ます。相談時間は30程度、初回は無料もしくは5,000円前後から電話相談や出張相談が可能です。そこで解決するか?しないかで依頼になりますね。正式に依頼した場合の見積書などもらうことも出来ます。

正式に依頼した場合は、委任契約書の締結、着手金など前払いするお金の支払いがあります。最終的に問題が解決した時に、報酬金や実費の支払いになります。あくまでも一例なので、この他にもいろんな依頼の方法があります。例えば、成果報酬型とか。(参考程度に見て頂けるとありがたいです)。

山口県阿武町から間違って4,630万円を振り込まれた24歳の男性(田口翔)本人以外の人物も注目されている問題なので、今後もいろんな情報が流れてくると思います。一刻も早く間違って誤送付された4,630万円が返還されることを願っています。

関連記事

こちらの記事も読まれています!

三河地方「のみでケガ」した県立工科高校はどこ?学校名や場所を地図で確認!

東金市「かかと落とし」事件の犯人は誰?名前や顔画像を調べてみた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・福島県出身 
・1970年代生まれ

目次
閉じる