相葉雅紀の妻が妊娠!出産予定日はいつ?子供の性別も調査!

相葉雅紀の妻が妊娠!出産予定日はいつ?子供の性別も調査!

2022年8月2日、相葉雅紀さんの妻が妊娠していることが分かりました。ついに相葉雅紀さんもパパになる日が近づいてきましたね。嵐の中では二宮和也さんに続き2人目です。おめでとうございます。

  

今回は妊娠報道で気になった

 

  • 出産予定日はいつなのか?
  • お子さんの性別は男の子?女の子?どちらなのか?

 

について調べて見ましたので、さっそく見ていきましょう。

 

目次

相葉雅紀がパパになる!?ニュース記事の概要をチェック!

 

2022年8月2日、相葉雅紀さんの妻が第一子を妊娠していることが分かりました。女性自身がスクープを勝ち取りましたね。おめでとうございます。

 

本誌がおめでたについて相葉の所属事務所に問い合わせたところ、「妊娠は事実です」との回答がーー。

引用元:女性自身

 

ニュースを確認してみると、相葉雅紀さんは妻と仲の良い関係者ら数人でハワイ旅行を満喫していたようです。これまでまとまった休みが取れていなかったので、今回は思い切ってハワイに行き、つかの間の休日を過ごしていたとのこと。

 

相葉雅紀さんは妻が妊娠していると分かったのは、ハワイを訪れていた旅行客が発見したようですね。

 

小さな段差でも奥さんが転ばないように右手を奥さんの腰にあてがったり……。『相葉さんのイメージどおりやさしいな』と思っていると、奥さんの大きなおなかが目につきました。ゆったりとした服も着ていましたので妊娠しているのではないでしょうか」

引用元:女性自身

 

とてもおめでたいニュースですが、相葉雅紀さんにとっては…。内緒にしていたかった可能性もありますよね。生まれてから報告するとか考えていたかも…。情報を提供した人は一体誰なのか気になります。

 

相葉雅紀さんの妻が妊娠した報道がでたので、出産日がいつごろになるのか?ファンの方たちも気になるのではないでしょうか?さっそく出産日や性別について調べてみました。

 

相葉雅紀の妻が妊娠!出産予定日はいつ?

 

相葉雅紀さんが結婚したのは2021年9月28日ですね。お相手は一般女性で年齢は相葉雅紀さんより1歳年上。10年間交際した元タレントさん。2人で外出することはなく交際期間中はほぼ自宅で過ごしていたようです。

 

相葉雅紀さんの妻は現在妊娠5~6ヶ月とテレビニュースで報道されました。女性自身には妊娠何ヶ月かは書かれていませんね。

 

  • 妊娠5ヶ月の場合:来年1月出産予定
  • 妊娠6ヶ月の場合:今年12月出産予定

 

出産予定日を調べてみると、出産は寒い時期になりそうです。寒い時期に出産したお子さんは風邪に強い体質になる!と昔聞いたことがありますが…。本当かどうか分かりませんがね。

  

年末年始の出産になりそうなので、相葉雅紀さん的には忙しい時期ではないでしょうか?特番の出演などいろんな番組に引っ張りだこ状態になると思いますので。時間の合間を縫って上手く出産に立ち会えればと。

 

相葉雅紀の妻が妊娠!子供の性別はどっち?

 

相葉雅紀さんの妻が妊娠5~6ヶ月と報道されています。妊娠が報道されるとお子さんの性別が男の子なのか?女の子なのか?気になりますよね。

 

実際に調べてみましたが、お子さんの性別に関する情報は一切なかったです。おなかの大きさから妊娠期間はある程度予想できても、性別まではさすがに難しいのではないでしょうか。

 

お子さんの性別が分かるのは、一般的に妊娠14週ごろからのようです。1ヶ月がだいたい4.5週なので3ヶ月を過ぎたころから分かることになります。

 

妊娠5~6ヶ月になると超音波検査でより一層性別が分かるようになるとのこと。なので、相葉雅紀さんは男の子なのか?女の子なのか?すでに分かっている可能性が高いですよね。また、あえて性別を聞かない人もいるようです。生まれてくるときの楽しみなんだとか。

 

 お腹のなかの赤ちゃんの性別判定は、超音波検査(エコー検査)で赤ちゃんの性器を観察して行うのが基本。

 

妻の妊娠が報道されてしまったので、ひょっとしたら相葉雅紀さん本人から説明があるかも知れませんよね。ファンを人一倍大切にしている相葉雅紀さん。今後の動きに注目していきましょう!

 

関連記事

こちらの記事も読まれています!

里見咲紀の結婚相手(旦那)の顔画像は?馴れ初めや交際期間はいつからか調査!

原田琥之佑の事務所はどこ?年齢やプロフィールを調査!

藤ヶ谷太輔のヒゲは似合わない?伸ばした理由やツイッター画像も調査!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・福島県出身 
・1970年代生まれ

目次